30歳主婦パートのLINE掲示板日記

私が初めてLINE ID掲示板を利用した時のお話です。
利用しようと思ったきっかけはどんなにおしゃれをしても料理を頑張っても何もほめてくれない旦那への不満からでした。
誰かに褒めてほしかったのだと思います。
浮気しようなんて思ってなかったし出会いを求めていたとかそんな気もありませんでした。
ただLINEの掲示板に載せたことで沢山のメッセージがくるようになったのです。
掲示板をみた知らない人たちと繋がってしまうことがどんなに危なくて危険なのか私には知識も疑う心も足りなかったのだと思います。
LINEはとても便利だけど、自分の情報を出会い系の掲示板に載せたことはとても軽率な行為でした。
LINE ID掲示板に載せると見られたくない人や関わりたくないひととも繋がってしまうのでトラブルや悩みのもとになったりすることもあるのです。
LINEでのメッセージ交換は楽しく何人か気になる人も見つかりました。
メッセージ交換は楽しかったのですがやっぱり人は見てみたい会ってみたいと思うものです。
次第に写真を送ってとか、写真交換しようとか絶対いってくるようになりました。
しかし、一線は越えたくなかったのでなんとか写真交換は諦めてもらいました。
仲良くなるころにはご飯にいこうとか、映画に行こうとか誘われるようになりました。
私は会話を楽しみたかっただけなのでのめり込む前に辞めようと思い、その日から返事を返すのも辞めました。
読むと概読になるので読まないで放置したんです。
LINEも来なくなった今はすごく掲示板利用を後悔しています。
一歩間違えば事件になったかもしれないし独身ならまだしも家庭がある身なのに守らなければならないものはもっと他にあるのにしつかりしなきゃと思い直したんです。
出会いなんて結婚したら必要ないものなのに認めてもらいたい一身で掲示板に載せるなんて逃げ道や逃避と同じだとすごく自分を責めました。
本当に出会いを求めている人のためにも私は現実逃避をしてはいけない…そう反省させられました。
個人情報は扱い方には十分注意しなければいけないですね。