カテゴリー別アーカイブ: セフレ

フェラ抜き

 仕事が終わって、どうしても気持ち良くなりたいなんて言う時なんかは、プチな関係を持ってくれる相手を出会い系で募集します。
プチだとフェラ抜きだけで会ってくれたりするから、セフレよりもずっと気軽に相手探しができてしまうし、即刻気持ちよくなるために、わたしは随分とこの関係に満足をしています。
勿論たまにはセフレを使って、オマンコの穴で挿入を楽しむこともありますけれど、最近ではもっぱらプチのほうが気軽でいいからって気持ちになっています。

 PCMAXという出会い系サイトを利用しているのですけれど、この様なサービスというのは基本的には、性的な関係を望む人たちが利用しやすく、相手を見つけるのも苦労することが無いのです。
アダルトな出会いを目的とした掲示板も設置されていますから、そこで相手を探していけば良いのです。

私の場合は相手と知り合って車で人のいないところに駆けつけて、そこで女性の口でたっぷりと気持ちよくしてもらって、フェラ抜きを楽しむという方法をとっています。
人にとっては公衆トイレだとか、深夜の公園で楽しむような方もいるようですね。

 昨日出会った女性は、20歳で茶髪のギャル系のスレンダーでキュートな女性でした。
気さくな態度で接してきてくれて、車で移動中も随分と楽しく会話をすることが出来ました。
人目につかない場所に駐車スペースを見つけ出して、そこに車を静かに止めていきました。
運転席だとちょっとやりにくいから、後部座席に移動。
そこでギャル系の女性にズボンを脱がされて、ガチガチに固まっているペニスを彼女の口で癒してもらって行きました。
フェラだけで関係なのに、しっかりと興奮することも出来るし、とても気持ちよくなることが可能です。
彼女の口の中でいっぱい舐めてもらった後にフェラ抜き、しっかりと発射していきました。
若くてフェラの上手な相手だったから、とっても気持ちよくして貰うことが出来て、満足しきりでした。
クンニしたい
バター犬

クンニリングス

先生、これがクンニリングスっていうものなんですか。

私はやっとのことでそう言葉に出した。実はもう言葉をちゃんとしゃべるのもつらいくらい気持ちよくて頭の中はすでに真っ白なんだけど、いちおうここは学校の保健室だから私も大きな喘ぎ声を上げるわけにはいかないのだ。

先生と私が特別な関係になったのはこの1カ月くらいのことだ。私の方から英語の教師である先生に、わざとらしく本当はわかるところまで英語の問題を聞きに行ったりして、放課後毎日のように暗くなるまで一緒にすごすようにした。その中で、自然とこういう風な関係になったのだった。

最初はキス、次に先生が私の胸の制服のブラウスの上から触るようになって、それからすぐにスカートの中に手を入れるようになった。

私も先生のアソコを触ったりしたかったけれど、私が手を伸ばすと先生がそれはダメだという目で首をきつく振って、させてくれなかった。

スカートの中に指を入れられるようになって、次の段階は一体何が起きるんだろうと思っていた。
そうしたらある日先生が、「クンニリングスをしてあげよう」といったのだった。

私にとって君にクンニリングスというのは初めて聞く言葉だった。
いったいどういうことをしてくれるんだろう…半分怖いような感じとかあったけれど、今してもらってるこれがクンニリングスなんですね…。

強烈な快感で、学校の中で声を上げるのを我慢するのが精一杯です。
先生は私のスカートの中に完全に顔を隠した形で、一生懸命私のあそこ舐めてくれている。

もう今度こそ私だけでは我慢できない。

これが終わったら、豊島先生のズボンを下ろして先生のおちんちんを口に含みたい。
パパ掲示板
秘書

スマホ セフレ

 スマホで出会い系利用していて見つけたのが23歳の人妻マミ、結婚三年目の専業主婦でセックスレスで悩んでいた人でした。
セフレを見つけるために出会い系サイトを利用していた24歳のフリーター、俺のシフトは何時も夜でしたからこうした人妻とも会うことは可能なんです。
マミと出会い系のメールから、スマホのメールに切り替えて話していって、さらに無料通話アプリを使い会話していくことに成功しました。
あいてもセックスレスの欲求不満だし、俺はセフレを求めていましたから自然と待ち合わせしていく約束になっていきました。

久し振りのセフレでしたし性欲も溜まっていましたから思う存分マミの肉体で、解消楽しもうと思っていました。
待ち合わせ場所にはラブホのたくさんある駅、時間通りにやってきたのマミは、かなりの良い女でした。

ルックスも可愛いしエロさもある、身体は程よい肉付きでオッパイは大きめ。
性処理のために居るような女にペニスも硬くなっていきました。

セフレですから容赦なく彼女の身体をいじっていったのです。
欲求不満の人妻の肉体は俺の愛撫をすぐに許可してくれ、感じだしてくれました。
服の上から触ってもエロい声を出し始めるし、全裸にして押し倒していき、その若くエロい身体を愛撫続けるとオマンコからはたくさんの陰汁を溢れ出させていきました。
ローターで乳首やクリトリスを刺激していくと更に感度も高まり、激しいよがり声を出して感じていきました。
正常位で挿入し、同時にクリをローター攻め、オマンコの穴とクリで何度も絶頂を感じマン汁を吹き出させていました。

今ではしたくなるとマミからスマホに連絡が入ります。
セフレとして身体だけの淫らなお付き合いをマミと楽しく続けていくようになっています。
泊め男
神様